実際、「婚活」すれば何割が結婚できるのか

超久々の更新になってしまいました、婚活データボックス。

久々の分、長くて中身も濃いです(笑)

東洋経済オンラインに載っていた明治安田生活福祉研究所の調査結果(第9回結婚・出産に関する調査)から、20~30代の若者が、結婚相手に求める条件と婚活事情について、興味深いデータをお届けします。

■女性が希望する最低年収は「400万円超」

そもそも、女性は結婚相手としての男性にどれほどの年収を期待しているのでしょうか。未婚女性が結婚相手に求める最低年収として400万円以上と回答した割合は、20代で57.1%、30代で67.9%でした。しかし、実際に未婚男性のうち年収400万円以上の人がどれくらい存在するかをご存じでしょうか。20代ではわずか15.2%、30代でも37.0%にとどまり、女性が期待する男性の年収の水準と現実では、大きなギャップがあります。

やはり出ました。

年収の話。

女性からすればお相手の年収を気にするのは当然ですね。

ただ希望に叶う男性が少ないということは希望を追ってばかりいても結婚できないまま時間が過ぎる、ってことになってしまいます。

さきほどの調査結果で年収400万円以上の男性の割合が20代で15.2%、30代でも37.0%と出ていましたがでは結婚相談所に入っている男性ではどうでしょうか?

Doors愛岐が加盟している日本ブライダル連盟と提携先に登録している男性で20代の47.9%、30代の71.9%が年収400万円以上です!

結婚をするの年収を重視するのでしたら結婚相談所に登録する事が希望を叶える近道と言えますね。

「男は働き、女は家庭」の意識は健在

 とはいえ、結婚を考える際には、相手の収入面以外にも、重視すべきことはあるでしょう。そこで、20~30代の未婚男女に結婚相手として重視したい条件について、各項目についてあてはまるかどうかたずねたところ、男女共通で「物事の価値観が合う」「優しい」「健康である」「浮気をしない」といった項目で「あてはまる」の割合が高くなっています。つまり、相手の人柄を重視している人の割合が高いことがうかがえます。

■男は「経済力」、女は「家事能力」の意識は健在

 ただ、男女で差が出た項目もあります。女性の場合は、「行動力・決断力がある」が77.7%と、男性の40.5%を大きく上回ります。さらに、「相手の年収・経済力」は女性が65.6%であるのに対し、男性は21.1%。一方、男性では、相手の「容姿や身長」「家事全般ができる」の項目で女性より相対的に高くなっています。すなわち、あくまで相手の人柄を重視しながらも、女性は「経済力や行動力」を求め、男性は「家庭的で、容姿がいいこと」を求めている人が多いということがわかります。

結婚は一生を左右することですからお相手に望む条件はあれこれと多くなっていくのも仕方のないことですし、女性なら年収、男性なら容姿を大事に思うのも当然ですが調査結果をみると人柄や価値観の方を重視している割合が多いのは良い傾向です。

ではその人柄や価値観を出会う前からある程度分かっていたらどうでしょう?

それを伝えてくれるのが仲人の役目でもありますので早くに理想のお相手と出会うのなら結婚相談所が選択肢として考えられるのではないでしょうか?

では、結婚相手とはどのような場所で出会うことが多いのでしょうか。20~30代の既婚男女に、現在の配偶者と知り合ったきっかけをたずねたところ、男女ともに「同じ職場」「友人の紹介」がそれぞれ2割以上で上位を占め、次いで「学生時代(クラス・ゼミ・サークル・アルバイトなど)」が続きます。すなわち、同じコミュニティで知り合って交際に発展し、結婚に至るケースが多いようです。

 一方、「コンパ・合コン」や「婚活パーティ」など、いわゆる“婚活”で結婚相手を見つけた割合は、それぞれ数パーセントにとどまるなど、決して多くはありません。

婚活経験がある人の割合とは?

 そもそも、20~30代の若者は婚活の経験があるのでしょうか。婚活経験の有無をたずねてみたところ、既婚者の場合は男女ともに約半数が「ある」と回答しています。一方、未婚者の場合、「ある」と回答したのは、男性は4人に1人、女性は5人に2人にとどまっています。

 婚活経験がある人に対してどのような活動をしたかたずねたところ、「友人などに異性の紹介を依頼した」の割合が男女ともに最も高くなっています。友人など自分をよく知ってくれている人を通してパートナーを探すことは比較的安心感が高く、取り組みやすいのかもしれません。

 また、未婚者の場合、その他の項目において男女差が比較的大きかった項目として「婚活パーティに参加した」「街コンに参加した」が男性よりも女性、「結婚相談所や結婚紹介サービスを利用した」が女性よりも男性のほうで高くなっています。 

■婚活で出会った人と結婚した人は「4人に1人」

 では、婚活を経験した既婚者たちは、婚活が実際の結婚につながったと考えているのでしょうか。20~30代の既婚者にたずねたところ、「婚活で出会った人と結婚した」人は、4人に1人(男性26.6%・女性23.7%)となっています。ほとんど僅差で、「婚活で出会った人ではないが、結婚につながった」が続きます。これはつまり、婚活を通じて結婚にあたっての考え方や認識が深まるなどのケースを想定できるでしょう。こういった間接的な効果も含めると、婚活を経験している既婚者の約半分の人が婚活について結婚につながったと考えているようです。

元の記事が長いのに途中、私の意見(赤字と黒字の部分です)を挟んだためかなり長くなりましたが要約すると、

1.年収の高い男性は結婚相談所に登録している男性の方が断然多い。

2.結婚相談所は人柄、価値観といったことも仲人が伝えてくれるので理想のお相手と出会いやすい。

3.既婚者の半数近くの方が婚活を経験している。逆に婚活経験のない方は未婚率が高い。

ただ漠然と結婚したいと思っていても結婚できる時代ではありません。

ましてお相手に様々な条件を望むのであればこれまでと同じ毎日を過ごしていてもそんな理想の人と出会える確率はまずないでしょう。

最後に勘違いされないで欲しいのは結婚相談所に入ったからといって必ず理想の人と結婚できるわけではないということ。

あなたの理想の相手があなたと釣合いの取れているお相手かどうか?

高望みになっていないか?

そんな時は間違いを正したり、理想のお相手と釣合いが取れるようご指導させていただくのも仲人の仕事です。

理想の相手との結婚=幸せな結婚、ではありません。

理想の相手ではなかったとしても幸せな結婚をしていただけるようしっかりサポートさせていただきますので、まずはお気軽に無料相談にお越し下さい。

こちらのお問合せフォームよりお申込みお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA