恋人が欲しくない人が4割って・・・

超久々の婚活DataBox更新です(^_^;)

「今、恋人が欲しいですか?」の問いに若者の約4割がNO−−。結婚適齢期の20〜30代を対象にした内閣府の意識調査で、未婚で恋人のいない男女の37.6%が「恋人は欲しくない」と答えたことが、22日に閣議決定された少子化社会対策白書に盛り込まれた。4年前の同種調査より上昇傾向がみられ、男女ともに“草食化”“絶食化”をうかがわせる結果となった。

 調査は「結婚・家族形成に関する意識調査」。全国の20〜39歳の男女7000人を対象に、昨年12月から郵送で実施。2643人から回答を得た。

 「恋人は欲しくない」と答えた未婚で恋人のいない人の割合は、男女別でみると、女性が39.1%と男性の36.2%を上回った。年代別でみると男女とも30代よりも20代の方が恋人が欲しくない率が高く、男性20代は39.7%、女性20代は41.1%に上った。

 収入別では、男女とも収入がない層は約半数が「欲しくない」と答えたが、収入が高くなるほど恋人が欲しい率が高まり、男性は年収400万円以上で79.7%、女性は200万円以上で70.7%が「欲しい」と回答した。

 「恋人が欲しくない」とした人の理由(複数回答)は、多い順に「恋愛が面倒」が最多で46.2%、次いで「自分の趣味に力を入れたい」(45.1%)▽「仕事や勉強に力を入れたい」(32.9%)▽「恋愛に興味がない」(28%)だった。

 4年前の同種調査は統計処理の方法がやや異なるため、単純に比較はできないが「恋人が欲しくない」とした人は31.6%で今回より6ポイント低かった。

と6月22日にニュースに出たのでご存じの方もみえると思いますが結婚したい、したくない以前に恋人すら欲しくない人が4割もいるって・・・

ただこの結果をみて思うことは年収が高くなるにつれ「恋人が欲しい」人の割合が増えているということ。

欲しくない理由で「恋愛が面倒」が一番の理由ですが「恋人が欲しくない」というのは実はただの言い訳で年収が低くて恋人が作れないってのが本音ではないかと。

収入が低くて恋人ができてもデートにもいけない、おしゃれにかけるお金もないから恋なんてする余裕もない、ましてや結婚生活なんて考えられない、という人が多いのでは。

18年振りに株価が高値を更新したとのニュースもありましたが実際、生活が豊かになったと感じてる人がどれだけいるのか・・・

「恋人が欲しくない」と思っている人が約4割ということは裏を返せば「恋人が欲しい」と思っている人が約6割いるということです。

同じ調査で何歳で第1子を持ちたいかという質問では、男性の平均が30・2歳、女性は28・4歳となった。希望する子どもの人数は、2人(55%)が最も多く、続いて3人(27%)、1人(7%)――の順でした。

「恋人が欲しい」の先には「結婚したい」という気持ちがあるはずです。

Doors愛岐では低年収の方には年収を上げるために転職サポートも行なっています。

年収が理由で結婚を考えられずにいるならまずDoors愛岐までご相談下さい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA